特別児童扶養手当

◆特別児童扶養手当◆(国手当)

精神又は身体に重度又は中度の障害を有するため
日常生活において介護を必要とする20歳未満の児童を
育てている家庭に支給される手当です。
手当はその児童の父母若しくはその養育者に支給されます。


=支給要件=

重度または中程度の障害の状態にある児童(20歳未満)の
父母または養育者。

(障害の例)

・身体の外部障害[身体障害者手帳おおむね1級から3級]
・知的障害[療育手帳ⒶからおおむねBの1]
・身体の内部障害で機能障害または病状が上記と同程度
・精神の障害が上記と同程度
・障害の重複により状態が上記と同程度

指定診断書等を提出していただき審査を行います

※ 以下の場合は除きます。
・施設に入所している方(通所は除く)
・障害を理由とする公的年金の受給者
・父母または養育者の方の所得が限度額を超えているとき


=所得制限=

受給者本人の前年の所得が
扶養親族1人の場合4,976,000円
(1人増すごとに38万円加算)

又は配偶者及び扶養義務者の所得が6,536,000円
(扶養者1人増すごとに21万3千円加算)

上記を超えるときは支給されません。<平成16年度>


=手当額=

児童1人につき
重度障害児を監護する方には月額49,900円(1級)
中度の障害児を監護する方には月額33,230円(2級)
が支給されます。<平成26年度>


=支給月=

年3回(4月、8月、11月)支給


=申請手続=

 1. 認定請求書
 2. 戸籍謄本
 3. 世帯全員の住民票の写し
 4. 診断書

=窓口=

市川市役所 障害者支援課 TEL:704-0272


【余談】
この手当は、療育手帳や身体障害者手帳を持っていなくても申請できます。
療育手帳(Bの1)の方は、療育手帳取得時の医師診断書を添付し、申請する事になりますので、その時の診断により支給要件に合わず、却下される場合があります。
一度、却下された場合でも、再申請がすぐに出来ますので、却下されたからと諦めずに再申請して下さい。
再申請する時は、かかりつけ医の診断書を提出すると、成育歴がよくわかるので、お勧めします。
(Bの1)でも軽度よりの方は、最初からかかりつけ医の診断書を
提出する事を考えられてもいいかもしれません。